5/30-31 尾瀬に行ってきました

2016.05.30  NEWS
DPP_008

みなかみ町藤原から尾瀬へ行ってきました。
県道63号(水上片品線)通称 奥利根湯けむり街道で照葉峡を経由し、
坤六峠を越え、約一時間で片品村の尾瀬戸倉へ。(駐車場は24時間ごとに¥1000)

15:55のバスに乗り、鳩待峠まで乗り合いバス
(大人(中学生以上) 930円 小人(小学生以下)470円)
TEL 0279-20-1900 FAX 0279-20-1902
関越交通㈱観光部(9:00~18:00、土日休業)

平日の遅い時間だからか、貸切状態。
鳩待峠から尾瀬ヶ原の入り口、山の鼻までは標高差約200mの下り。
のんびり歩いて1時間といったところです。
DPP_001
↑チシマウスバスミレ?

DPP_002
↑サンカヨウ

DPP_003
↑ムラサキヤシオ

DPP_004
↑オオバキスミレ

DPP_005
↑シラネアオイ

時間も遅かったので、研究見本園を一周し、
山の鼻キャンプ場にて一泊。この日は2張りのみでした。
DPP_006
DPP_007
↑ミズバショウ

DPP_008
↑研究見本園の水芭蕉

DPP_009
↑夕暮れの至仏山

明け方に雨の音で起こされ、6時まで待つも天気回復せず。
雨の中の散策となりましたが、渋滞知らずで4時間、約13.5kmのハイキングでした。
DPP_010
↑ワタスゲ

DPP_011
↑リュウキンカ

DPP_012
↑ズミ

DPP_013
↑ヤチヤナギ

DPP_014
↑ミツガシワ

DPP_015
↑ヒメシャクナゲ

この日歩いたルートは山の鼻-牛首-竜宮-ヨッピ吊橋-牛首-山の鼻-鳩待峠。
小さなお子さんからご年配の方まで楽しめる、尾瀬の定番コースです。
とはいえ、トレッキングシューズや雨具などはしっかりご準備ください。

この他にも至仏山登山、アヤメ平散策、大江湿原のニッコウキスゲ、
一泊プランで三条の滝や燧ヶ岳登山もいいですね。

今回はマイカー利用でしたが、みなかみ町藤原の宿泊施設では
送迎付きのプランなどもありますので、是非ご利用ください。
帰りにのんびり温泉に入るのもいいですね。

藤原に移住すれば仕事を済ませて夕方から尾瀬へ行き、
翌日午前中には帰宅、もしくは朝早く尾瀬に行って、
午後から仕事、という遊び方が出来ますよ。
「はるかな尾瀬」がすぐそこです。

水上高原ホテル200
http://www.minakamikogen200.jp/sightseeing/oze/index.html?bnr

ホテルサンバード
尾瀬ハイキング

尾瀬ライナー
宿泊プラン設定施設の紹介あり
http://minakamionsen.com/ozeraina.htm

湯の小屋温泉 照葉荘
戸倉送迎プラン(3名様より)

清流の宿 たむら
8〜10畳プラン
6畳プラン

源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク龍洞
尾瀬プラン

ペンションPAL 尾瀬送迎プラン
http://www.pension-pal.com/plan/

みなかみ町藤原のネイチャーガイド ファンテイル
尾瀬トレッキングツアー